株式会社放送サービスセンター – 国際会議・同時通訳システム株式会社放送サービスセンター – 国際会議・同時通訳システム

For First-Time Users

初めての方へ

会議、イベントを企画する際、同時通訳が必要となる場合にはどのような点に気を付け、準備を進めたらよいのでしょうか。
会議開催までのフローを紹介いたします。

同時通訳会議開催のフロー

step01

会議の規模、内容、会場の決定、使用言語の確認

参加者人数の把握は会議開催に最も重要な事項です。
会場は必要な広さ、予算、交通の利便性などを考慮に入れ、目的に合わせ決定します。
次に、使用言語を確認し決定します。使用言語数は通訳構成及び、システムプランにも必要な情報です。
“同時通訳システム”はホテルやコンベンションセンターに限らず、社内の会議室やミーティングルーム等でも活用できます。

step02

会議通訳者の依頼

手配の際は会場、会議名、会議日程及び、使用言語を事前にお伝えください。
通訳の構成人数は、使用言語数や内容で決まります。
日本語/英語など2ヵ国語の通訳の場合、半日(4時間以内)なら2名、1日(8時間以内)なら3名が目安です。
通訳者の人数は業務の難易度や実働時間等によって異なります。
通訳者には、政治、経済、金融、医学・薬学、文化・芸術、IT・工学等の専門性があります。
会議やイベント内容に沿った専門の通訳者を手配することが、コミュニケーションの良し悪しに影響してきます。
弊社ではパートナー会社へ通訳者の手配、紹介が可能ですので、お気軽にお声掛けください。

step03

会議資料の作成

スケジュールや会場レイアウトの作成をお願いします。
通訳者は、会議やイベントの概要、演者のプロフィール、パワーポイントなどの講演資料や講演原稿が必要となります。
準備資料の提供が、通訳者のパフォーマンスに影響しますので、出来るだけご用意ください。

step04

同時通訳システムの準備

開催概要に基づき、同時通訳システムの手配を行います。弊社では同時通訳システム、音響システムをプランニング、運用します。使用機器、使用方法などお気軽にご相談ください。

よくわかる!同時通訳システム活用読本

主な機材一覧

同時通訳レシーバー

同時通訳レシーバー

参加者は同時通訳レシーバーで通訳者の音声を聞きます。必要人数分の台数が必要です

同時通訳ブース

同時通訳ブース

ブースを設置することで会場と空間を分け、通訳者が集中して業務できる環境を作ります。

マイクロフォン

マイクロフォン

通訳者はマイクロフォンを通した音声をヘッドフォンで聞きます。マイクロフォンに向かって発言していただくことがとても重要です。

音響システム

音響システム

マイクロフォンの他、スピーカーやミキサーも会議やイベントを行う際には必要となります。

お問い合わせ先

株式会社放送サービスセンター

〒130-0023 東京都墨田区立川2-14-5

Tel.03-3846-5511

日本コングレスコンベンションビューロー 一般社団法人日本コンベンション協会 公益財団法人東京観光財団 横浜観光情報 千葉国際コンベンションビューロー 沖縄観光コンベンションビューロー

Copyright © Hoso Service Center, Inc. All rights reserved