top of page

News

最新情報

同時通訳機材とは② 同時通訳機材の選び方

同時通訳機材とは①の続きです。




同時通訳機材を選ぶ際には、以下の要素を考慮すると良いでしょう。

  • 対応言語とチャンネル数:

同時通訳機材は、必要な言語と同時に対応しているかどうかを確認しましょう。また、同時に対応できるチャンネル数も重要です。複数の言語が必要な場合や、参加者が異なるグループに分かれている場合には、複数のチャンネルをサポートする機材を選びましょう。

  • 音声品質:

高品質な音声伝達が重要です。ノイズキャンセリングやエコーキャンセリングなどの機能を備えた機材を選ぶことで、背景の騒音や反響を最小限に抑え、クリアな音声を提供できます。

  • ワイヤレステクノロジー

ワイヤレスの同時通訳機材は、通訳者が自由に移動できるため、柔軟性があります。また、ワイヤレスの機材は設置が容易であり、ケーブルの管理や制約が少ないため、使い勝手が良いです。

  • 操作性と使いやすさ

同時通訳機材は、通訳者や参加者が簡単に操作できることが重要です。直感的なインターフェースやシンプルな操作パネルを備えた機材を選ぶことで、効率的な使用が可能です。

  • 耐久性とポータビリティ

頻繁に使用される場面を想定して、耐久性のある機材を選びましょう。また、コンパクトで軽量なデザインの機材は、持ち運びや設置が容易で便利です。

  • サポートとオペレーション

同時通訳機材は重要な役割を果たすため、信頼性の高いメーカーから購入することをおすすめします。

また、メーカーのサポートや保証についても確認し、トラブル時に適切なサポートを受けられるかを確認しましょう。


また同時通訳機材は専門的なオペレーションが必要です。放送サービスセンターのようにオペレーションを提供している会社より機材のレンタルとオペレーションをご依頼されることをお勧めします。



放送サービスセンターでは日本で開催された代表的なサミットや国際会議やイベントでの実績を多数有しています。

国際会議における同時通訳や音響、機材などお気軽にご相談下さい。

Kommentare


bottom of page